アーティフィシャルフラワー(造花)&プリザーブドフラワー | ウェディングブーケ andflower

アーティフィシャルフラワー(造花)&プリザーブドフラワー | ウェディングブーケ andflower

andflower_logo.jpg

IMG_9592 - バージョン 4.jpgH.jpgIMG_9592 - バージョン 4.jpgIMG_9592 - バージョン w.jpgIMG_9592 - バージョン 4.jpgL.jpgIMG_9592 - バージョン 4.jpgonline.jpgIMG_9592 - バージョン 4.jpgA.jpgIMG_9592 - バージョン 4.jpgB.jpgIMG_9592 - バージョン 4.jpgAC.jpgIMG_9592 - バージョン 4.jpgC.jpgIMG_9592 - バージョン 4.jpgresevations.jpg

IMG_7959.JPG



ARTIFICIAL & PRESERVED FLOWER



ARTIFICIAL FLOWER
アーティフィシャルフラワー(造花)


生花をリアルに再現した人工的な花のことをさします。
いわゆる造花のことです。花びらは布でできており、ポリエステルやナイロン等その花の種類にあわせた素材で作られています。
近年のアーティフィシャルフラワーの質の向上により、生花に近い質感や色を表現している商品が増えています。
インテリアはもちろん、ファッションのアイテムとして使用しているシーンをよく目にするようになりました。
欧米では、以前より日本より普及しており、様々なシーンでアーテイフィシャルフラワーが装飾されています。
andflowerでは株式会社東京堂の最高級品質のアーティフィシャルフラワー「MAGIQレーベル」を中心に取り扱うフレンドシップスクールに認定されています。

origin_magiq_logos.jpg


021.JPG

IMG_8872.JPG

PRESERVED FLOWER
プリザーブドフラワー

生花を専用の溶液を用いて加工した花のこと。
PRESERVED(プリザーブド)とは英語で「保存する」の意味。
1991年、フランスのヴェルモント社が開発し、クリスチャン・トルチェやケネス・ターナーなど世界的なフラワーデザイナーが作品に使用したことをきっかけに日本を含む世界に広まった。
枯れないことや、生花に比べて軽いことなどの点がウェディングシーンで評価され普及している。
特徴としては、寿命が2〜3年以上保存可能、現実に存在しない花の色合いを創りだすことができる。また水をあげる必要がないなど。





o0400023811813663833.jpg

【プリザーブドフラワーのお取り扱いについて】
水・光には当てないでください。
高温多湿、直射日光による色褪せや液だれのおそれがあります。
デリケートな商品ですので、お取り扱いにはご注意ください。
ご不明な点は下記までお問い合わせください。